覆面レスラー誕生物語

誕生までの物語

5年ほど前、彼はとある町の製造工場で働いていた。平和な日々だった。

ある日、地震が起こった。かなり大きい。

ぐらぐらっ。

そのとき、棚の上から、彼に向かって重量物が落下してくる。危ない!

彼はとっさに手に持っていた「トラックボード」で身を守った。ドサッ、、、

下敷きになった。ううう。。重い。意識が遠のいていく。

大丈夫か!!?同僚たちが荷物をどかし、彼を救出した。

助け出された彼は、意外にも無傷だった。

奇跡だ。いや、奇跡じゃない。

トラックボードが衝撃を吸収したのだ。

トラックボードの衝撃吸収力に気が付いた彼は、覆面やブーツにトラックボードをつけた衣装をまとい、プロレスラーとなることを決意した。

攻撃からの衝撃を吸収する極めて強固な体を手に入れ、彼は瞬く間にプロレス界に名を馳せるようになった。

そして今夜も

彼の活躍は、夜も休まず街から街へと続いている。

今宵の舞台は、交通量の多い幹線道路。1台のトラックが荷台いっぱいに商品を積んで配送中

そこに野良猫が飛び出した。運転手は急ブレーキを踏む。キ、キーーー。

するとその衝撃で、荷台に積んでいた段ボールがいっきに前方に向かおうとする・・・・

その時彼が颯爽と現れる。段ボールの間に一瞬で入り込み、段ボール同士がぶつかり合わないように必死で守る

衝撃を一身に受け、すべてを吸収した

商品は無傷、荷崩れなし。ドライバーはホッと胸をなでおろし、野良猫は歩道で大あくび。

今宵もその活躍は、ひっそりとトラックの荷台で行われている。

※物語はフィクションです。

トラックボード&トラックボードPro

いつでも衝撃から商品を守る。ドライバーの心を守るトラックボード。

荷物の揺れは 心の揺れ

    コラムの感想・サービスのお問合せフォーム

    個人情報の取り扱い について確認した。