LED照明へ交換しませんか

高圧水銀灯は製造も輸入も禁止に

物流現場で広く使われてきた水銀灯ですが、
「水銀による環境の汚染の防止に関する法律(通称:水銀汚染防止法)」によって
高圧水銀灯の製造・輸入が、2020年12月31日より禁止されました。

いまお使いの水銀灯の器具故障、球切れの交換は、メーカー各社の在庫限り。

いずれは別の照明へと取り換えなければなりません

参考:環境省「水銀による環境の汚染の防止に関する法律について」
https://www.env.go.jp/chemi/tmms/law.html

 

LEDへの交換には大きなメリットが!

水銀灯の交換ですが、物流現場にはLED照明がオススメです。

その理由は大きく2つあります!

 

オススメポイントその1:長寿命

 

LED照明は水銀灯と比べて寿命は5~10倍とも言われます。

つまり、交換頻度は1/5~1/10に!

 

もし、自宅の蛍光灯が切れても、面倒ではありますが、
椅子を持ってきてなんとか自分で交換できると思います。

が、天井の高い物流現場ではそうはいきません。

新しい電球を購入するだけでなく、
高所作業車を手配し、交換作業中の現場動線を変更したりなど
とにかく準備が大変です。

場合によっては現場作業を中断せざるを得ず、そうなれば機会損失や売上減少にもつながりかねません。

 

ところが、LED照明にすることで交換頻度を1/5~1/10にできますので、

これらの手間やコストも1/5~1/10に削減できる可能性が大きいのです。

 

オススメポイントその2:結果的にコスト削減

 

水銀灯をLED照明に交換するためには

 ・LED照明器具を購入

 ・水銀灯照明を撤去&LEDを設置する工事

と、初期投資が必要になります。

 

ところが、LEDは水銀灯と比べると条件次第で約80%以上の節電が可能ですので

月々の電気代の大幅な削減が見込めます!

 

結果として、多くのお客様は交換から2~3年で初期投資を回収し、

以降は長期にわたりコスト削減効果を享受されています。

 

LED化の最適なご提案をいたします

 

様々な環境・現場に対応できるよう、LED照明は多様な商品が開発されています。

参考:アイリスオーヤマ社 LED照明の紹介ページ
https://www.irisohyama.co.jp/led/houjin/

 

JPRではお問合せいただいたお客様の現場にお伺いし、最適な商品をご提案するのはもちろんのこと、
一般販売のみならず、ファイナンスリース・オペレーティングリースなど、
お客様のご負担を最小限にご導入いただけるご提案が可能です。

 

どうぞお気軽にお問い合わせください。


    個人情報の取り扱いについて確認した。