100%再生材料コンテナをおススメする3つの理由

「家庭の資源ごみ」と「廃棄プラスチック」を組み合させたハイブリッド素材

「グリーンレーベル」の購入はこちら

グリーンレーベルコンテナとは

「家庭の資源ごみと企業の廃棄プラスチック」を原材料に「独自のサンドイッチ成形技術」で製造した 「三層構造のプラスチック製容器」です。

従来の製法と何が違うの?

容器リサイクル材はPPやPEなどのプラスチックが混在しているため、仕上がりが一定でなく外観等の問題があることや、家庭ごみを利用していることで独特の臭いがあるなど、材料リサイクルの用途は限られていました。

容器リサイクル材パレットの例

原料となる家庭ごみ等の資源

 

グリーンレーベルは容リ材(コア層)を再生材(スキン層)ではさみ込むサンドイッチ成形によりこの問題をクリア。容リ材の高付加価値マテリアルリサイクルを実現するとともに、様々な産業・物流分野でお使いいただける基本性能もしっかり確保しました。

グリーンレーベルコンテナを採用する3つのメリット

①CO²削減・ゼロエミッション活動で企業イメージアップに貢献。

製造・物流・販売まで、事業活動全般におけるCO2排出量の削減は、社会の大きなニーズとなっています。

エコノミーとエコロジーを両立したグリーンレーベルは、企業の環境経営をサポートするとともに、企業のイメージアップにも貢献します。

②JIS規格パレット(1100×1100)にぴったりのサイズを採用。パレットへの積載効率が抜群。

「グリーンレーベル」コンテナは11型パレット(1100×1100)に合わせたサイズで設計されています。

均等に積み付けた場合、パレットの表面占有率は96%以上です。

③バージン材料と比較して、約20%のコストダウンを実現。

「グリーンレーベル」は100%再生材料で製造しているため、バージン材と比較して約20%のコストカットに成功しています。

また弊社では、不要になったプラスチックパレット・プラスチックコンテナの回収を実施しています。

詳細はこちらから

 

「グリーンレーベル」の購入はこちら

 

 

JPRオンラインショップは、コンテナ類のラインナップを強化しています

導電仕様や通気性の良いメッシュタイプなど、全125種類を展開中です。

 

※「グリーンレーベル」は積水テクノ成型株式会社の「技術(製法)ブランド」です。





コラムの感想・サービスのお問合せフォーム

個人情報の取り扱いについて確認した。