データで見る腰痛と経営リスク~マッスルスーツEvery導入

データから見る腰痛 

まずは、腰痛に関するデータから確認してみましょう。労災の約6割が腰痛であることが分かります。休業日数も3割が1か月以上と長くなっています。

出典:独立行政法人 労働者健康福祉機構 平成25年12月「職場における腰痛の発症要因の解明に係る研究・開発・普及」研究報告書より(上記表・下記文中の数値)

上記のデータを見てわかる通り、腰痛が与える従業員の安定勤務への影響は他の慢性疾患と比較して圧倒的です。

腰痛の生涯有病率は83%、腰痛で社会活動を休んだ経験者は25%にのぼります。

慢性疼痛の有病率・部位別では腰痛が1位であり、整形外科へ最も多く受信するが、治療に満足しない人が45%を占めいています。

腰痛は最もありふれた社会的損失をもたらす問題であるといえます。

腰痛による休職・退職がもたらす経営リスク

社員に腰痛が発生すると、どのような影響がでるのでしょうか。腰痛で休職/退職者が出ることにより経営に直結する影響が発生します。

 

腰痛対策が遅れることにで、人材不足に拍車をかけることとなり、結果的には経営リスクをもたらします。

対策をすることで、以下の効果を生むと想定されます。

腰の負担軽減による退職・休業の減少(腰の負担軽減で多くの社員が長期的に安心して働く環境を構築)

生産性向上(健康を維持することで生産性低下を防止

人材採用コストの減少(腰痛による退職・求職者を減らすことで採用・教育コスト減少

マッスルスーツ導入手順(腰への負担軽減を実現する)

新しいツールの導入は、必ずと言ってよいほど現場作業者は抵抗を示します。特に「安全」を目的としたツールの場合「非効率になる」と感じることが多いためです。その際に思い描いてもらいたいものは「ヘルメット」「安全靴」の存在です。これらはツールとして受け入れられています。それはなぜでしょうか。

答えはいたってシンプルです。

ルール化(標準化)しているから

ルール化を徹底し「着用が当たり前」の状況を作ることが何より重要です。

本気で腰への負担軽減を目指すのであれば、マッスルスーツの導入時に着用をルール化する必要があります。

ケーススタディ・導入がうまくいかない

担当者が現場のルールを決めずに試験導入すると、以下のような状況が生まれがちです。

・作業者は装備が増えることに抵抗があるため「面倒」になり、結果使用しなくなる。

・導入担当者は現場へのルール徹底を回避する場合がある。

・作業単位でルール化されていない装備は使用されない

デモ機を借りただけでは評価したことにはなりません。

マッスルスーツEveryとは

既存モデルのマッスルスーツEdge(498,000円(税抜))に比べると3分の1以下の価格を実現した「マッスルスーツEvery」は、25.5kg重の最大補助力で動作をアシストする機能はこれまでと変わらず、重量は3.8kgでマッスルスーツ®シリーズ最軽量。介護・製造・物流・建設・農業などの作業現場での使用はもちろん、ご家庭での介護や家事、家庭菜園や冬の雪かきなど、さまざまなシーンで利用でき、重いものを運ぶ時やつらい中腰での作業の腰痛予防に貢献します。

マッスルスーツEvery  2019.11.1発売

株式会社イノフィス 

製品紹介HP https://musclesuit.co.jp/

<特徴>

 パワフル:最大補助力25.5㎏fで動作をアシスト

 省エネ:電気不要!空気の力で動くから、稼働時間に制限なし

 軽量:本題重量3.8㎏

 簡単:10秒で装着完了。操作も習熟要らず

 お手頃価格:ご家庭でも購入可能な価格を実現

 防水・防塵:屋外や水場の作業も問題なし

↓ご購入はこちらから↓ 

JPRオンラインショップ <マッスルスーツEvery

JPRでは評価用にデモを承っております(受付順のご案内となります)

詳しくは担当営業にお申し付けいただくか、下記からお問い合わせください。※法人限定※



↓デモ・商品のお問合せはこちら

個人情報の取り扱いについて確認した。